合宿免許の時間短縮効果

自動車の運転免許を取得したいという場合、直接運転免許センターに出向いて技能面の試験を受けるという手段もないわけではありませんが、多くの場合、ドライビングスクールに一定の期間通学して、ここで学科教習と技能教習を受け、卒業をしたあとで、運転免許センターで学科の本試験を受験するという流れになります。

この場合、ドライビングスクールにまずは入学して、適性検査を受け、そこから学科教習と技能教習をつごうのよいときに受講するということになります。



自宅から通学する場合、マイクロバスでの送迎サービスはあるにしても、往復で移動する時間がかかりますし、実際にドライビングスクールに着いてからも、技能教習を受けるためには予約をするのがふつうであり、キャンセル待ちをしてようやく受けられるということもまれではありません。

そのため、多くの場合で卒業までに2か月から3か月、場合によっては半年といった期間がかかるわけです。

合宿免許というのは、ドライビングスクールの近くの宿舎やホテルに泊まりながら教習を受けるもので、時間的なロスや予約の手間がないということから、自宅通学にくらべるとかなりの時間短縮につながります。



合宿免許でオートマチック車限定免許のプランを申し込んだ場合、だいたい2週間程度で卒業できます。



合宿免許のマニュアル車のプランであっても、オートマチック車限定よりも2日間程度延長するだけで卒業は可能ですので、その短縮効果は絶大といえます。